CSRマネジメント

ダスキングループは創業以来、社会から求められる期待に喜びをもって応え、社会のお役に立ちながら持続的に成長することを追求する、「道と経済の合一」を経営の根幹としています。
そこで、社員一人ひとりが守るべき行動の原則を定め、それによって自らの行動を律しています。

CSRビジョン

「社会からの期待に喜びをもって応えること」

人と環境と社会のつながりに心を配りながら、
社会からの期待に謙虚に耳を傾け、喜びをもって応えること。
安全・安心で優れた商品・サービスの提供を通じて、豊かな暮らし、
笑顔あふれる地域社会の持続的な発展に貢献すること。

行動の原則

ダスキングループは、経営の根幹としている「道と経済の合一」という理念のもと、社会のお役に立ちながら持続的な成長を果たすために、グループ社員一人ひとりが守るべき行動の原則を定めています。このルールを守ることは、お客様や社会の人々、加盟店、取引先、株主、そして職場の仲間の願いに応えることであり、喜びのタネをまく、祈りの経営を実践することに他なりません。

CSR方針

1. 持続可能な成長
私たちは、 「喜びのタネ」をまき、社会の信頼に応え続けます
2. 人権尊重
私たちは、一人ひとりの人権を守り、個性を尊重します
3. 環境保全
私たちは、あらゆる活動を通して、地球環境の保全に努めます
4. 対話・交流
私たちは、人を思いやり、より良い社会を目指します
5. 商品・サービス
私たちは、お客様に喜ばれる商品・サービスを提供します
6. 職場環境の向上
私たちは、誰もが公正に個性や能力を伸ばし、働く喜びが得られる職場を築きます
7. コンプライアンス
私たちは、相手の身になって考え、行動します
8. 情報管理
私たちは、情報の取り扱いに細心の注意を払い、適正に管理します
9. 危機管理
私たちは、緊急時には生命の安全を最優先し、地域一体で助け合います

ダスキン行動宣言

「信頼される誠実な企業」を目指して

  • 1.私たちは常に、お客様の立場に立って行動します。
  • 2.私たちは常に、法律を守って行動します。
  • 3.私たちは常に、社会の良識にかなった行動をとります。
  • 4.私たちは常に、自分に対して誇りを持てる行動をとります。

「行動宣言」を実践するための具体的な 指針として、「ダスキン行動基準」を策定し、業務運営に当たっています。

ダスキン行動基準

ステークホルダーに向き合う姿勢

ダスキングループでは、ステークホルダーの皆様との対話を通じて取り組むべきESG 課題(マテリアリティ)を特定するとともに、持続可能な開発目標(SDGs)や国際的なガイドライン等を参考にすることで、多様な視点・側面からESGへの取り組みを推進していくことが重要だと考えています。

当社グループは、こうしたESGへの取り組みについて、PDCAサイクルをまわしていくことで、グループ全体の持続的な企業価値の向上を目指しています。

GRI(Global Reporting Initiative)ガイドラインやISO26000のほか、各種SRIインデックスのクライテリアを参照しています。

ステークホルダーとの関わり

ステークホルダー 向き合う姿勢 対話の機会
お客様 世界中の誰よりも、お客様視点に立って、考え、形にする 消費者懇談会、コンタクトセンター、ファンミーティング、WEBでの情報開示 など
社員 互いに支え合い、挑戦し、成長する 労使協議会、労働安全衛生委員会、ホットライン、教育制度、社員意識調査 など
株主・投資家 コーポレート・ガバナンスの強化に努め、企業価値の(永続的な)向上を目指す 株主通信、決算説明会、個人投資家向け会社説明会 など
地域社会 信頼を積み重ね、最も身近で頼りになる存在となり、地域社会と共生・共栄する クリーンアップマイタウン、工場見学、ダスキンミュージアム、特殊詐欺防止啓発活動 など
地球環境 環境に配慮した事業を継続し、事業の成長と環境負荷低減を両立する 白山国立公園の生態系の保護への協力、地球温暖化対策条例への対応など
行政機関・NPO 国が推進している取組みに事業活動を通じて賛同する 調査・アンケートへの協力、協議会などへの参加、愛の輪基金を通じた活動 など
取引先 適正で誠実な取引を通じて、強固なパートナーシップを構築する 仕入先様勉強会、トレードショー、ダスキン購入クリーンライン など
加盟店 同じ理念を共有し、行動する エリアマネジャーによる支援、表彰制度、加盟店会 など