経営理念

今も、生き続ける創業者の想い。

ダスキンが最も大切にしている、お客様への「やさしさ」。
その原点は、「祈りの経営」を生涯追求した創業者・鈴木清一の思想にあります。
「利益は喜びの取引から生まれるもの」として、
お客様の喜びを第一とする創業者の想いは、
経営理念というかたちで大切に継承され続けています。

祈りの経営ダスキン 経営理念 一日一日と今日こそは
あなたの人生が(わたしの人生が)
新しく生まれ変わるチャンスです
自分に対しては損と得とあらば損の道をゆくこと
他人に対しては
喜びのタネまきをすること
我も他も(わたしもあなたも)
物心共に豊かになり(物も心も豊かになり)
生きがいのある世の中にすること
合掌
ありがとうございました

※創業者・鈴木清一(1976年元旦、中之島公会堂前にて)

経営理念は、現在も毎日全員で唱和され、確認され続けています。フランチャイズに加盟する際も、ダスキンへ入社する際も、この経営理念に賛同していることが条件となっています。

確固たる経営理念に基づき
フランチャイズという仕組みで
祈りの経営の実現を目指します。

祈りの経営

経営理念 4つのステップ

  1. 1
    日々、「新しく生まれ変わること」を願います

    経営は経営者のものだけでなく、
    経営の参加者として社員一人ひとりが自己変革を目指します。

  2. 2
    人間性を何よりも大事にします

    利益が生じるとき、自分の立場からはあえて
    「損の道を行くこと」を選びます。

  3. 3
    人に本当に喜んでもらえることを進んで行います

    相手に対しては「喜びのタネをまくこと」。
    ダスキンの各事業は、この精神の実践です。

  4. 4
    人のために尽くし、お互いが生きがいを持てる
    世の中にすることを願って行動します

    「心の豊かさ」は、集めるのではなく、人に捧げることです。

理念を実現するためのフランチャイズ

ダスキンの理念に賛同していただける方々に、ダストコントロール事業をビジネスチャンスとしてほしいとの思いから、フランチャイズシステムを導入。
この仕組みによって、経営理念が加盟店にまで脈々と受け継がれ、ダスキンに携わる一人ひとりが同じ想いで経営を支えることを可能にしています。

1964年 ダスキンフランチャイズ
チェーン全国加盟店研修会