ダスキングループのマテリアリティ

マテリアリティを特定し、CSV(共通価値の創造)重要課題を抽出

ダスキングループのマテリアリティ

当社グループは、企業として社会から求められる期待に喜びをもって応え、社会のお役に立ちながら持続的に成長するために“道と経済の合一”を経営の根幹として掲げています。この“道と経済の合一”を実現するためには、ステークホルダーの皆様との対話の機会を通じて取り組むべきCSV課題(マテリアリティ)を特定するとともに、持続可能な開発目標(SDGs)や国際的なガイドラインや多様な視点・側面からCSVへの取り組みを推進していく外部機関によるガイドライン等を参考にしながら、当社グループとして取り組んでいきます。
当社グループは、CSVへの取り組みについて、PDCAサイクルをまわしていくことで、グループ全体の企業価値の向上を目指しています。

※GRI(Grobal Reporting Initiative)ガイドラインやISO26000のほか、各種SRIインデックスのクライテリアを参照しています。

マテリアリティマップ

マテリアリティマップ

CSV重要課題とマテリアリティとの関係

CSV重要課題 マテリアリティ(事業を通じて取り組む課題)
フランチャイズチェーンの共有価値
  • 超高齢化社会
  • 健康・福祉
  • 地域との共存共栄
サプライチェーンの共有価値
  • サプライチェーンの持続性・透明性
気候変動への対応の共有価値
  • エネルギー利用効率化
  • 温室効果ガス排出削減
循環型社会づくりの共有価値
  • 3Rの推進
  • 食品ロス
多様な人材の共有価値
  • 人材育成
  • 人手不足
  • ダイバーシティの推進

「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献

2015年、国連持続可能な開発サミットにおいて、17の目標と169のターゲットからなる行動計画「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。
ダスキングループは、これらの目標とバリューチェーン全体のビジネスとの関連性を検証し、事業活動を通じて社会の持続可能な発展に貢献していくことで、2030年までに地球全体で解決すべきSDGsの目標達成にも寄与していきたいと考えています。

世界を変えるための17の目標

世界を変えるための17の目標