環境マネジメント

環境にやさしい循環型ビジネスである清掃・衛生用品のレンタルを事業化し、成長してきたダスキン。現在では、レンタル以外のあらゆる事業領域でも、環境保全のための活動に取り組んでいます。

環境理念

祈りの経営ダスキンは地球環境の恩恵に感謝し、
人類と自然環境との共生と平和を願い
地球環境保全に配慮して行動いたします。

環境方針

私たちはサステナブルを目指す企業として環境保全と企業経営の両立に
取り組み、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

  1. ❶廃棄物削減、資源の有効活用により循環型社会づくりに貢献します。

    • ・循環型レンタルシステムの追求
    • ・食品ロス削減と発生した食品廃棄物リサイクルの推進
    • ・プラスチック容器包装の3Rとリニューアブル(資源の有効活用)の推進
  2. ❷気候変動への対応により脱炭素社会の実現に貢献します。

    • ・CO2排出量の削減
    • ・再生可能エネルギーの利用拡大
  3. ❸水資源、生物多様性の保全により人と自然が共生する社会に貢献します。

    • ・用水リサイクルと水質保全の推進
    • ・生態系保全活動の推進
    • ・化学物質管理と汚染の未然防止
  4. ❹環境マネジメントシステムによる継続的な改善により環境負荷が少ない
    社会づくりに貢献します。

    • ・環境に配慮した商品・サービスの開発
    • ・ISO14001基準の環境配慮・改善及びそれに準ずる基準で管理
    • ・環境教育による人材の育成
2021年4月1日
代表取締役 社長執行役員
山村 輝治

環境マネジメント体制

訪販グループと、生産事業所・生産本部ではISO14001に基づいた環境管理に取り組んでいます。従来、別サイトとして認証を受けていたレントオール事業を統合し、「訪販グループ(ダストコントロール事業・ケアサービス事業・レントオール事業)」として、ISO14001認証登録(登録番号:JQA-EM1552)されました。また、品質保証・リスク管理部では、年2回、品質環境会議を開催し、品質・環境に関する重点テーマを検討してサステナビリティ委員会へ提案、または、品質・環境に関する規定やルールの改訂案を検討して取締役会へ提案をしています。
毎年、訪販グループのISO14001について更新審査を実施。エネルギーマネジメントに基づいて環境管理を行っているフードグループでは毎年内部監査及び外部アドバイザーによる評価を実施しています。
なお、2019年度中にダスキングループにおいて環境関連規則違反はありませんでした。

  • 生産事業所と生産本部
  • 訪販グループ本部/加盟店
  • 最高環境責任者:代表取締役 社長執行役員
  • 環境統括責任者:品質保証・リスク管理部担当 執行役員

環境マネジメント体制

環境マネジメント体制図

環境教育

新人研修での環境教育

新人社員の入社時研修の一つとして、環境に関する初期教育を実施しています。環境問題や、企業における環境取り組み及び情報開示などについて学び、ダスキンの事業活動を通じてどのようにして環境に貢献していくかを考え、全員で確認しています。環境に関する意識を高めつつ、環境経営を推進する人材の育成に取り組んでいます。

「eラーニング」教材

2017年4月よりeラーニングを導入し、環境教育の強化を図っています。
正社員とフルタイムの嘱託社員に対しても環境全般の知識に関するeラーニングを実施しています。

環境に関するサプライヤー調達方針

ダスキングループでは、「購買方針」「サステナブル調達に関する基本方針」「グリーン購入ガイドライン」の中で、環境に関するサプライヤー調達についての考え方を定めています。

環境に関するサプライヤー調達方針 [PDF:285KB]
Get Adobe Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンよりダウンロードしてからご覧ください。