商品情報へのリンクです。
サポートメニューです。
お問い合わせ
サイトマップ
サイト内検索です。

水資源の保全・有効活用

基本的な考え方

気候変動や森林破壊、新興国・途上国の人口増加や経済成長などに伴い、世界規模で水不足が深刻化しています。企業にとっても、水不足は事業継続に影響を及ぼしかねないリスクであり、水の使用量削減や再利用が重要な課題となっています。
日本においては、慢性的な水不足という事態には至っていませんが、水不足や水質汚濁などの水問題は、当社グループと決して無関係ではありません。
そのような課題認識のもと、ダスキンでは、水資源保全の基本理念として、「自然からお預かりしたものは、元の状態にして自然にお返しします」という言葉が創業当初から受け継がれています。今後も変わらず、水資源の有効活用や水質の保全活動に取り組んでいきます。

水使用量の低減目標

生産事業所毎の実績に基づいて、標準発生値(目標値)を毎期設定・管理しています。

生産事業所での取り組み

法令順守

ダスキンでは、生産事業所から排出する水については、水質汚濁法や下水道法における規制値の80%以下(重金属などの有害物質については70%以下)とすることを社内基準としています。

月2回、社内で自主検査を実施し、社内基準を超過した場合は工場から本社へデータが転送され、対応を検討する仕組みを構築しています。

なお、大気汚染についても、大気汚染防止法の順守に努めています。ただし、現在では、法律で規制されている硫黄酸化物(Sox)の発生量が多い重油などは原料に使用していないため、規制値を超えることは想定していません。

排水の管理・水使用量の削減

生産事業所では、モップやマットの洗浄工程で多量の水を使用します。ダスキンの生産事業所では、加工時における標準使用量を基準値として、水使用量を管理しています。
また、使用後の汚れた水は社内の廃水処理ライセンス取得者による管理のもと、工場内で水処理を行い、法令基準よりも厳しい独自の排出基準に適合させて放流します。さらに、この処理水253万m3のうち50万m3を再び洗濯水として利用することで、水の使用量削減に取り組んでおり、基準年度に比べて、約22.5%の水使用量の削減ができています。

過去3年間の水のリサイクルの比率

年度 2015 2016 2017
用水使用量(m3 207 209 203
再利用水量(m3 58 52 50
リサイクル率(%) 21.8 19.9 19.7

水の使用量

水の使用量
小学校の25mプール(縦25m×幅10m)に水深1mまで水を入れた水量250m³で算出

洗剤使用量の削減

生産事業所で使用する洗剤は、お客様にキレイなモップやマットをお届けするために欠かせませんが、水への影響を考えると、少ない量での効率的な使用が求められます。
ダスキンでは、洗浄水を軟水化処理することで洗剤を溶けやすくするなど、洗剤の使用量の削減に取り組んでいます。
2017年度の洗剤使用量は1,756トンで、基準年度に比べて約22.6%使用量を削減しました。

洗剤使用量

洗剤使用量
自社調査により算出

ダスキンのマットが白山の生物多様性保全に貢献

富山、石川、福井、岐阜の4県にまたがる白山国立公園は高山植物の宝庫として知られ、固有の生態系が保たれています。
しかし近年、登山者の靴底に付着したオオバコなどの外来植物の種子持ち込みによって在来種である高山植物の生育地が奪われるなど、貴重な生態系への悪影響が問題となっています。
そこで、外来植物の種子持ち込みを防止するため、土砂の捕集性と耐久性に優れたダスキンのマットが活用されています。登山シーズンの始まりとともに、マットを登山道などに設置し、登山靴に付着した外来植物の種子を捕集しています。
現在では白山国立公園の登山口や登山道など16カ所に計44枚のマットを提供し、生態系の保護に協力しています。

白山でのダスキンマットを使用した外来植物の侵入防止イメージ図

白山でのダスキンマットを使用した外来植物の侵入防止イメージ図

写真提供:環白山保護利用管理協会