ニュースリリース:2012年

ダスキンと三井物産が清掃用具のレンタル事業で韓国に初進出

2012年3月5日

ソウル特別市松坡区に直営1号店をオープンし営業を開始

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治、以下「ダスキン」)と三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島 彰己、以下「三井物産」)は、韓国のプルムワンホールディングス(以下「プルムワン」)と、清掃用具のレンタル事業(以下「ダストコントロール事業」)を韓国で展開します。

ダスキンと三井物産の合弁会社ミスタードーナツコリア(以下「MDK社」)とプルムワンの100%子会社フードマースは、2012年2月1日に合弁会社設立の契約を締結し、同年3月2日に合弁会社プルムワンダスキンを設立しました。本日、ソウル特別市松坡区に直営1号店をオープンし、営業を開始します。
ダストコントロール事業は、プルムワンダスキンを本部として、韓国の地元企業から加盟店を募るフランチャイズ形式で行います。(※スキーム図参照)

韓国では生活様式や衛生面の意識・考えで日本と多くの類似点があることから、ダストコントロール事業も高い需要が見込まれます。また、プルムワンは韓国の自然派食品市場において多くの顧客から支持を得ており、「プルムワン」と「ダスキン」のダブルブランドによって、2020年までに家庭顧客数40万件の獲得、各店舗の合計売上高40億円を目標としています。出店数は90店を目標としており、韓国における家庭用清掃用具のレンタルという文化の定着を目指します。

ダスキンは、ダストコントロール事業を台湾のほか、三井物産と合弁で中国(上海)でも展開しています。
三井物産は、国内外で消費者向けサービス事業に取り組んでおり、韓国ではダスキンと共にMDK社を通じてミスタードーナツ事業を手掛けています。
ダスキンと三井物産は、今後の海外展開においても、三井物産のグローバルネットワークを活用し、中国を中心としたアジアでの事業を拡大していく方針です。

各社の概要

プルムワンダスキン社

正式名称:
Pulmuone Duskin Co., Ltd.
代表者
諸煥周(HWAN-JOO JE)
所在地
ソウル特別市松坡区
設立年月:
2012年3月
資本金
60億ウォン(約4.3億円)
出資構成:
MDK社 49%、フードマース社 51%
事業内容:
ダストコントロール事業

MDK社

正式名称:
MISTER DONUT KOREA CO., LTD.(ミスタードーナツコリア社)
代表者
角南 圭二
所在地
ソウル特別市中区
設立年月:
2006年8月
資本金
80億ウォン(約5.8億円)
出資構成:
ダスキン 60%、三井物産 28%、韓国三井物産 12%
事業内容:
ミスタードーナツの韓国エリアフランチャイザー、韓国でのダストコントロール事業の展開

プルムワンホールディングス社

正式名称:
Pulmuone Holdings Co., Ltd.
代表者
南承祐(SEUNG-WOO NAM)
所在地
ソウル特別市江南区
設立年月:
1984年5月
資本金
190億ウォン(約13.7億円)
事業内容:
グループ傘下企業が、自然派食品の製造販売業、食材卸売業、給食受託等を行う訪問販売事業、自然派商品の店舗販売、ネット販売等で直接接点を有す顧客基盤は約40万人。

フードマース社

正式名称:
Foodmerce Co., Ltd.
代表者
諸煥周(HWAN-JOO JE)
所在地
ソウル特別市松坡区
設立年月:
2000年4月
資本金
23.4億ウォン(約1.7億円)
出資構成:
プルムワンホールディングス社 100%
事業内容:
業務用食材の製造・加工・流通
※スキーム図
スキーム図

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。