ニュースリリース:2012年

ダスキン本社ビルなど3施設が「津波・洪水避難ビル」に指定

2012年3月9日

吹田市の民間施設では初めて

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市 社長:山村 輝治)は、2012年3月2日(金)に、本社ビル・工場・研修施設の3つの建物が吹田市の民間施設で初めての「津波・洪水避難ビル」の指定を受け、市と協定書を締結しました。

「津波・洪水避難ビル」とは、地震による津波災害や大雨による水害が発生した際に、地域住民等の緊急一時避難先としてビルの一部を開放・提供するものです。

吹田市では、東海・東南海・南海の3連動地震で想定される最大級の被害に備えて、民間施設に対し「津波・洪水避難ビル」の協力を呼び掛けており、今回の指定はダスキンがそれに応募したものです。

「『津波・洪水避難ビル』指定に伴う協定書締結式」は、3月2日(金)吹田市役所で井上哲也吹田市長の出席のもと開催されました。

今回の初指定が、吹田市内の民間施設における「津波・洪水避難ビル」増加のきっかけとなり、緊急災害時に助け合える体制構築の一助になればと願っております。

吹田市役所での協定書締結式
吹田市役所での協定書締結式

今回『津波・洪水避難ビル』の指定を受ける3施設

  • ダスキン本社ビル
    ダスキン本社ビル
    吹田市豊津町1-33
    • ■使用場所:11階フロア
    • ■収容人数:約370人
    • ■避難可能時間:24時間
  • ダスキンスクール
    ダスキンスクール
    吹田市芳野町5-32
    • ■使用場所:6階フロア
    • ■収容人数:約230人
    • ■避難可能時間:7:00〜23:00
  • ダスキン大阪中央工場
    ダスキン大阪中央工場
    吹田市南吹田4-19-5
    • ■使用場所:6階フロア
    • ■収容人数:約620人
    • ■避難可能時間:24時間

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。