ニュースリリース:2019年

全国20歳以上の男女 計4,160人に聞きました
『第15回 ダスキン 大掃除に関する意識・実態調査』

2019年10月1日

  • ・平成最後・2018年末の大掃除実施率は55.9%、過去3番目に低い実施率に。
  • ・“大掃除=毎年恒例の習慣”という意識は薄れつつある傾向。
  • ・大掃除は“年の瀬駆け込み”が多数派。「1日」で済ませる人は15年で約2倍に!短期間化!
  • ・苦戦場所は「レンジフード・換気扇」が10年連続1位!今年こそプロに掃除を依頼してみては?
  • ・“スマホ片手に大掃除”が最新スタイルか!?SNSからの大掃除情報収集率、5年で約8倍に。
  • ・「#令和最初の大掃除」は、自分の大掃除スタイルを見つける好機に!

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)は、全国の20歳以上の男女計4,160人を対象に、2018年末の大掃除の実態をインターネット調査しました。この調査は2005年(2004年末の大掃除が対象)から開始し、今回で15回目を迎えました。

平成最後の年末となった2018年末の大掃除実施率は55.9%で、15年前より6.6%減少し、調査開始以来3番目に低い実施率でした。大掃除をした理由は「気持ちよく新年を迎えたいから」が最も多い回答でしたが、「毎年恒例の習慣だから」は15年前より8%低く、習慣意識は薄くなりつつあることがうかがえます。また、大掃除は12月最終週に“駆け込み”で「2日間」実施するのが多数派のようです。しかし「1日」と回答する割合は15年前の約2倍に増えており、短期間化しているといえます。

最も精力的に掃除した場所と、最も汚れが落ちにくかった場所は、10年連続で「レンジフード・換気扇」が1位でした。さらに5割以上が「レンジフード・換気扇の大掃除をプロにお願いしたい」と回答しています。このような結果から、自分では出来ない、時間がかかる、キレイにならないなど、一度でも苦戦した経験がある方は、今年こそハウスクリーニングを上手に利用してみてはいかがでしょうか。大掃除の情報源が「SNS」と回答した人は5年前よりも約8倍に増えました。スマホを片手に、掃除方法のおさらいや、投稿されたキレイなお家の写真を見て、掃除に対する士気を高めるのもオススメです。

2019年末は令和最初の年末大掃除を迎えます。ぜひ新しい時代に合う自分らしい大掃除のスタイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

<大掃除に関する調査 TOPICS>

  • ① 2018年末の大掃除実施率と掃除の理由 (PDF P1)
  • ② 大掃除を実施した日、費やした日数と理由 (PDF P2)
  • ③ 大掃除で最も苦戦した場所と対策 (PDF P3)
  • ④ 大掃除の情報収集と令和最初の大掃除の取り組み方 (PDF P4)

調査結果はこちら [PDF:1.2MB]

調査概要

調査目的
2018年末の大掃除についての意識・実態把握
調査対象
20歳以上の男女
調査地域
全国(エリア区分:北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)
調査方法
インターネットリサーチ
調査時期
2019年1月25日(金)〜1月26日(土)
■サンプル数:
  • 4,160サンプル
  • ※全データに対してn数30未満のものは参考値として記載

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。