ニュースリリース:2011年

ダスキンの学校教育支援活動
『子どもたちの力を伸ばす学校掃除セミナー』

2011年7月7日

関東、東海、近畿の教育委員会を通じて開催

株式会社ダスキン(本社/大阪府吹田市 社長/山村輝治)は、掃除を通じて未来を担う子どもたちの力を伸ばしたいと願い、現職の先生に向け『子どもたちの力を伸ばす学校掃除セミナー』を実施します。関東、東海、近畿の一部の教育委員会を通じて小・中学校の先生を対象に開催します。

セミナーの内容

ダスキンオリジナルの小・中学校向け掃除教育カリキュラムを使用して、掃除に関する基礎知識を学び、参加者には実際に学校で掃除も体験してもらいます。さらに、学校における掃除教育の効果をグループで情報交換をしながら考えていただくワークショップ形式のセミナーです。

セミナーの効果

「掃除の知識や習慣を身に付ける」「基本的な掃除用具の正しい使い方を理解する」「掃除の大切さを知る」これらを学ぶことで、子どもたちに掃除の必要性、段取り力、自主性、そして周りの友達と掃除を分業して行うことによる協調性等の大切さを伝えることが出来ます。

参加者からの評価

2008年から毎年開催しているこのセミナーには、これまでに約2,100人もの先生方にご参加いただきました。参加者からは「今まで曖昧だった清掃の意義や仕方が理解できた」「毎日の短い掃除時間を教育の時間として捉えることができた」などのお声をいただいています。

学校での掃除時間を1日15分行うとすると、年間に費やす掃除時間は3,000分、45分授業にすると約66回分の授業になります。この時間を“子どもたちの力を伸ばすための時間”として見直し、学習の時間として活用していただく具体的な方法をご提案します。

※「子どもたちの力を伸ばす学校掃除教育セミナー」2011年度の申し込み受付は終了しました。

ダスキンの学校教育支援活動とは
未来を担う子どもたちに「掃除がなぜ必要なのかを理解してもらうことで、環境問題にも目を向け、掃除を通じて内なる力を伸ばしてほしい」という願いから社会貢献の一環として取り組んでいます。
学校教育支援活動はこちら

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。