ニュースリリース:2014年

ダスキン、人と人とのつながりを重視した認知症ケアを提唱

2014年11月7日

  • ホームインステッド・シニアケア
  • 株式会社ダスキン

東京で開催されたG7認知症サミット後継イベントで講演

米国ホームインステッド・シニアケア(本社:米国ネブラスカ州オマハ、プレジデント:ジェフ・ヒューバー)と株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)は、Global action against dementia(認知症に対するグローバルアクション)の一環として、G7各国政府の保健医療の代表者らが集まり、認知症ケアの取り組みや地域に根ざした独自の教育について討議する「認知症サミット日本後継イベント」に参加しました。この会合では、ホームインステッド・シニアケア社プレジデントのジェフ・ヒューバーと株式会社ダスキン ホームインステッド事業部長の福島 剛が登壇し、アルツハイマー病や認知症とともに生きる人々のケアで成果を挙げている同社の実践的なアプローチを紹介しました。

現在、アルツハイマー型認知症を含む認知症とともに生きる人の数は、世界中で少なくとも3,600万人と推定され、60歳以上の人口では2020年までに10億人に達すると予想されています。日本では高齢者が全人口の25%を占めており、2050年にはその割合が40%に達すると想定されていることから、高齢者世代の急速な増大に対応する新たなケアのあり方が求められています。

寿命が伸び、出生率が低下し、従来の介護モデルがもはや維持できなくなる中、ダスキン ホームインステッドでは、「人と人とのつながりを重視したケア」を提唱し、高齢者の方のニーズとご家族の方々をサポートします。日本では108拠点(2014年3月末現在)でサービスを展開し、高齢者の皆様の生活を支援しています。

これまでの経験をもとに、福島は、「人と人とのつながりを重視したケアは、認知症と診断された人々(国内では当社のお客様の約2割にあたる方々)に特に効果があると考えています。当社では、掃除や料理といった個々のサービスを型通りに提供するのではなく、お客様一人ひとりの具体的なニーズに焦点を当てながら、認知症の方の社会的、知的、身体的ニーズに応えるために不可欠な、その人らしさを大切にしたケアを提供しています」と述べています。

福島とヒューバーは、この世界的な会合の場において、当社の新しいケアと予防モデルが日本社会の高齢化のあり方をどのように変えていけるか紹介しました。

ホームインステッド・シニアケア社プレジデントおよび「高齢化に関するグローバル連合」の代表を務めるジェフ・ヒューバーは次のようにコメントしています。「人口構成の変化と、認知症患者さんの増加に対して、ケアや支援の力を世界レベルで高めていく必要があります。在宅ケアという選択肢は、一生涯にわたって生活の質を向上させるだけでなく、高齢人口の増加に伴う社会的コストを軽減する役割も果たしているのです。」

認知症サミット後継イベントは、2013年12月に開催されたG8認知症サミット(現在はG7認知症サミット)で、英国のデイビッド・キャメロン首相が保健医療の各国代表者らに設立会議への参加を呼びかけ開始されました。その創設会合では、認知症研究に関する世界的な協調行動計画を訴える宣言が起草され、その進展に向けた一連の後継イベントが発表されました。

4回の後継イベントでは、研究資金を確保するための財務モデル、新たなケアシステム、研究の進展に向けた協力モデルなど、アルツハイマー病の研究や政策に関わる主要な話題が取り上げられます。各国の代表者らは、2025年までにアルツハイマー病を予防・治療する真の解決策を見出すという共通目標を掲げています。

以上

株式会社ダスキンについて
1963年に創業したダスキンは、日本でいち早くフランチャイズシステムをとり入れ、創業期からフランチャイズビジネスを確立するとともに、その後の事業展開でも、常にフランチャイズビジネスの可能性を追求してきました。今では、その事業領域も、環境衛生からフードサービスまで多岐にわたり、定期訪問レンタルサービスから高度なプロの技術サービス、店舗販売によるフードサービスまで、様々な業態でフランチャイズビジネスを展開しています。
2000年にホームインステッド・シニアケア社と事業提携し、日本でのホームインステッド事業を開始。全国108拠点(2014年3月末現在)でサービスを提供しています。
ホームインステッド・シニアケア社について
1994年、ポール・ホーガンとロリー・ホーガンがオマハで設立したホームインステッド・シニアケア社は、高齢者向けの非医療・在宅ケアサービスを提供する世界最大の企業です。米国、カナダ、メキシコ、日本、ポルトガル、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、英国、台湾、スイス、ドイツ、韓国、フィンランド、オーストリア、イタリア、プエルトリコ、オランダ各国に980店を超える独立所有・独立運営のフランチャイズ店舗を展開し、4,500万時間のケアを提供しています。世界各地のフランチャイズ店舗に勤務する65,000人のスタッフが日常生活の活動補助、身の回りの世話、服薬の確認、食事の支度、日常的な家事、おつかい、外出同行、買い物などの基本的な支援サービスを提供し、高齢者の方が可能な限りご自宅で安全・快適に暮らすお手伝いをしています。またホームインステッド社のスタッフは、アルツハイマー病や認知症とともに生きる高齢者の方にサービスを提供するため、当社独自の草分け的な研修プログラム「アルツハイマー病とその他の認知症のケア――研究と教育を通じたエイジングの変革」を修了しています。この世界有数の教育プログラムは介護を行う家族の方にも無料で提供されており、オンラインまたは地域のホームインステッド・シニアケア社店舗で受講することができます。

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。