ニュースリリース:2013年

第9回 ダスキン大掃除に関する意識・実態調査
〜全国20歳以上の男女 計4,160人に聞きました〜

2013年10月1日

  • ・2012年末の大掃除実施率は過去最低の56.2%
  • ・"プラス掃除派"を含めると82.0%が年末年始に掃除を実施

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)は、全国の20歳以上の男女 計4,160人を対象に、2012年末の大掃除の実態をインターネット調査しました。

その結果、2012 年末の大掃除実施率は56.2%と、2005年の調査開始以来最低となりました。しかし「大掃除をしなかった」人の半数以上が、年末年始の時期に「普段の掃除に時間や手間、場所をプラスして掃除(プラス掃除)をした」と回答しました。

これら“プラス掃除派”を含めると、全体の82.0%が年末年始に普段以上に掃除に取り組んだことが分かりました。

〜大掃除に関する調査TOPICS〜

(1)2012年末の大掃除実態と掃除の目的 (PDF P1)
・"プラス掃除派"の出現で、年末年始に普段以上に掃除した人は82.0%
・取り組み方は違えど「新年を気持ちよく迎えたいから」掃除を実施
(2)大掃除にかけた日数とその理由 (PDF P2)
・「大掃除=1日」が2年連続で最多に
・「計画的に1日だけで」と「1日あたりは短時間で2日以上」の傾向
(3)大掃除の定義と大掃除の時だけ掃除する場所 (PDF P3)
・大掃除の定義は「普段掃除しない場所を掃除すること」が最多
・大掃除の時しか掃除しないと、苦戦する!?
(4)大掃除での失敗談と掃除し忘れた場所 (PDF P4)
・51.2%が大掃除で失敗。計画したのに掃除し忘れる!?
・掃除し忘れた場所の1位は「窓・サッシ」

アンケート結果はこちら [PDF:518KB]

調査概要

【調査目的】
2012年末の大掃除についての意識・実態把握
【調査対象】
20歳以上の男女
【調査地域】
全国(エリア区分…北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)
【調査方法】
インターネットリサーチ
【調査時期】
2013年2月1日(金)〜3日(日)
【サンプル数】
  • 4,160サンプル
  • ※全データに対してn数30未満のものは参考値として記載

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。