喜びのタネまき新聞

読む人の幸せを心に願って作る「喜びのタネまき新聞」 読む人の幸せを心に願って作る「喜びのタネまき新聞」

喜びのタネまき新聞

ダスキンでは"読む人の幸せを心に願って作る"ことをテーマにしたコミュニケーション紙「喜びのタネまき新聞」を発行しています。

1971年7月に創刊され、当時から、サブタイトルである「読む人の幸せを心に願う」気持ちを変えることなく発行してまいりました。
現在発行部数は、毎号約400万部。4週間に1回、ダスキンをご利用いただいている全国のお客様に、お客様係から商品と共に直接お手渡ししております。

紙面では、日本各地で地域に根差した活動をされている方々のご紹介や、読者からのおたよりコーナーなどを掲載しており、読んでいただくとホッと心が温まるような紙面づくりを目指しております。また、この新聞を創刊したダスキン創業者・鈴木清一の言葉も毎号1話ずつ掲載しております。

この度、「喜びのタネまき新聞」は創刊600号を迎えることができました。47年間にわたり支えていただいた皆様に感謝を申し上げますとともに、600号は記念特別号として、全国のミスタードーナツなどのお店も含め約680万部をお配りしております。
これからも、皆様に喜んでいただける新聞となるよう励んでまいります。

※600号の読者プレゼントの応募締切は2018年12月31日までです。どうぞふるってご応募ください。

※ここに掲載しております喜びのタネまき新聞は発行当時のものです。掲載されている情報(キャンペーン、応募、お問い合わせ先等)は、すでに変更・終了している場合があります。予めご了承ください。

No.600
No.600
[PDF:2.9MB]
巻頭言
おかげさまで創刊600号
ほほえみのひろば特集
大切な人へのラブレター「素敵な洋服を仕立ててくれた方へ」 「単身赴任の夫へ」 「お嫁さんの薫さんへ」 「最愛の夫へ」 「母のお弁当」 「実家の両親へ」 「道の駅で声をかけてくれた方へ」 「青春時代、大好きだったあの人へ」 「みゆき叔母ちゃんへ」 「亡き妻へ」
特集
編集室に届いた皆様からのラブレター「ピンクのランドセルを読んで」 「「ほほえみのひろば」が大好き!」 「錦帯橋の絵を見て」 「仲人さんの投稿を発見!」 「懐かしい故郷」
燈々無尽
本当の幸せ
ほほえみのひろば