ニュースリリース:2020年

10月23日(金)11時15分、初のYouTubeライブ配信
「ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業 オンライン成果発表会・修了式」

2020年10月22日

公益財団法人 ダスキン愛の輪基金(所在地:大阪府吹田市、理事長:山村輝治、以下 愛の輪)は、コロナ禍で延期していた「ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業 成果発表会・修了式」を、感染対策を講じ10月23日(金)にオンラインで開催します。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から聴講者に向けてYouTubeでライブ配信し、発表者の内3名はアメリカと沖縄と埼玉からオンラインで発表します。

研修生

自らテーマを選び計画を立案し、3ヵ月〜1年の研修を終えた個人研修生6名、グループの夢を実現するための研修先を選び1〜2週間の研修を終えたミドルグループ研修生2組7名とジュニアリーダー育成グループ研修生1組4名、計9組17名の海外での研修成果を発表します。

★開催日
2020年10月23日(金)
★スケジュール
  • 11:15-11:45 第一部 成果発表会
  • 13:00-14:45 第二部 成果発表会
  • 14:45-15:00 修了式
     ※時間が前後する場合があります。
★YouTube(下記のURLからご覧ください。ライブ配信終了後も引き続きご覧いただけます。)
https://youtu.be/cv1_Ty4hbvs

過去の研修生の募集要項や研修レポートは、ホームページの事業内容やライブラリーでご覧いただけます。
公益財団法人 ダスキン愛の輪基金(www.ainowa.jp)

愛の輪ロゴ

愛の輪は、国際障害者年(1981年)にミスタードーナツ障害者リーダー米国留学派遣事業として活動をスタート。同年「財団法人 広げよう愛の輪運動基金」として設立、2011年に公益財団法人として認定され現在の名称「公益財団法人 ダスキン愛の輪基金」としました。主に2つの事業に取り組んでおり、その1つが今回成果発表する「ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業」です。これは、地域社会のリーダーとして貢献したいと願う障がいのある若者を障がい者福祉の先進国に派遣する事業です。研修生は帰国後、その貴重な体験を活かし、大学教授や弁護士、自立生活センターの運営、パラリンピック選手など様々な分野で活躍されています。もう一つは、1999年より実施している「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」です。アジア太平洋地域の障がいのある若者を日本へ招き、障がい者福祉を学んでいただきます。帰国後は母国で障がい者福祉のリーダーとして活躍されています。
愛の輪の活動は、会員の皆さまからの会費やミスタードーナツ店舗などに設置されている募金箱への募金、そして多くの方々からの献金と研修生を受け入れていただく関係機関を含めた皆さまからの温かな支えによって続けることができております。

◆ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業への新型コロナウイルスの影響

◆発表者(研修者)と研修期間、研修国、研修テーマ

第一部

1.【ミドルグループ研修生】STEっ子視察団:田中 鈴音、曽田 夏記、工藤 登志子
2.【個人研修生】大橋 ノア 愛喜恵 @アメリカ・シカゴ

第二部

3.【個人研修生】上田 大貴 ※ビデオ出演
4.【個人研修生】大下 歩
5.【個人研修生】大城 亮 @沖縄
6.【個人研修生】大塚 里奈 @埼玉
7.【個人研修生】癘{ 友里
8.【ミドルグループ研修生】英国Football文化視察団:丸山 哲生、角谷 佳祐、大平 栄一郎、岩田 朋之(欠席)
9.【ジュニアリーダー育成グループ研修生】坂本 奈々美、野呂 美遥、廣田 成美、近藤 悠斗(欠席) ※ビデオ出演

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。