ニュースリリース:2018年

経済産業省主催「健康経営優良法人2018」に認定されました

2018年2月20日

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村輝治)および関係会社7社※1、ダスキン健康保険組合は、経済産業省主催の「健康経営優良法人2018」に認定されました。※2

この制度は保険者と連携し、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。株式会社ダスキンとしてはこの制度がスタートした2017年度に引き続き2回目、関係会社7社およびダスキン健康保険組合は初の認定となります。

今後も事業所(会社)、健康保険組合、労働組合(従業員代表)による三位一体の体制で従業員とその家族の健康維持・増進に取り組み、生きがいのある心豊かな生活の実現により会社の健全な発展を図ることで、お客様へ良質な商品・サービスを提供してまいります。

【主な評価項目(◆)と当社の取り組み】

◆長時間労働者への対応に関する取り組み
→適正な労働時間となるよう、各部門単位で改善施策を策定し実行。また毎月勤務状況を振り返り、長時間労働の社員には産業医や人事部による面談を確実に実施
◆不調者への対応に関する取り組み
→メンタルヘルス不調者については、通年で外部医療スタッフによる面談を実施
◆健康保持・増進を目的とした導入施策への効果検証を行っている
→定期健康診断での有所見者に、二次健診を促し、健康保険組合と共同し病気の早期発見、早期治療に繋げる

【参考 健康経営宣言書】

ダスキン健康宣言

トップコミットメントとして「ダスキン健康宣言」を2018年1月に宣言いたしました。下記5つの取り組みを行ってまいります。

《生活習慣病の重症化予防》
定期健康診断の健診結果に基づく、重症化予防の受診勧奨を産業保 健スタッフが行うとともに、生活習慣の改善・維持が図れるよう支援します
《がん検診の受診促進》
早期発見・早期治療が有効ながんに対して、がん検診の受診を促進します
《メンタルヘルスへの取り組み》
セルフケア意識を高めるための研修や、医療専門職による面談体制の整備とともに、ストレスチェックの集団分析を用いた職場改善を行います
《健康意識(ヘルスリテラシー)の向上》
健康で心豊かな生活がおくれるよう、ICTを活用した個人ポータルサイトを通じて健康情報を発信し、楽しみながら健康に関するリテラシーを高めます
《健康白書の公表》
事業所の社員健康推移と、各種取り組みの成果を数値的に分析し、目標値の進捗状況やデータヘルス計画に基づく結果などを、健康白書として毎年度公表しています
■株式会社ダスキンの健康経営に関する取り組みについては、ホームページに掲載しております
社員の健康維持・増進
【参考】
経済産業省ホームページ 健康経営アワード2018(www.meti.go.jp)
日本健康会議ホームページ(kenkokaigi.jp)

※「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。