商品情報へのリンクです。
サポートメニューです。
お問い合わせ
サイトマップ
サイト内検索です。

ニュースリリース:2016年

〜第12回 ダスキン 大掃除に関する意識・実態調査より〜
『夫婦の大掃除に関する意識・実態について』

2016年11月1日

  • ・2015年末の既婚者の大掃除実施率は59.7%。未婚者よりも高い大掃除実施率。
  • ・専業主婦世帯の夫は著しく自己評価が高く、妻は自分の大掃除の評価が低い。
  • ・「妻と一緒に掃除がしたい夫」は9割以上。不満はあるものの、妻も夫を大事な戦力として認識。

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)は、全国の20歳以上の男女計4,160人〔うち既婚者 2,617人〕を対象に、2015年末の大掃除の実態をインターネット調査しました。

既婚者の2015年末の大掃除実施率は59.7%で、未婚者(52.2%)よりも大掃除実施率が高く、さらに既婚者の中でも、共働き世帯と専業主婦世帯を比較すると、専業主婦世帯の方が僅差で大掃除実施率が高いことがわかりました。また、妻は自分の使用頻度の高い場所の掃除を担当し、夫は汚れの程度や他の家族のために担当する場所を決める傾向がうかがえます。

配偶者間の大掃除の満足度について尋ねたところ、共働き世帯、専業主婦世帯ともに、妻からの評価よりも夫の自己評価は高く、中でも専業主婦世帯の夫は著しく自己評価が高い現状が明らかになりました。夫の大掃除に満足した理由は、各世帯の妻とも「積極的に取り組んでくれたので」、「自分や他の家族では掃除が難しい箇所を担当してくれたので」、「きちんと汚れが落ちたので」の順となりました。また、不満だった理由は、各世帯の妻とも「大掃除に積極的ではなかったので/参加しなかったので」が圧倒的な1位となりました。

一方、妻の大掃除の取り組みについては、専業主婦世帯は夫からの評価よりも妻の自己評価が低く、夫婦間での大掃除への取り組み意識に大きな差があることがわかりました。

さらに、2016年末の大掃除を配偶者と一緒に取り組みたいかについて尋ねたところ、妻よりも夫の方が配偶者と一緒に大掃除に取り組みたいという意志が強いことがわかりました。

<大掃除に関する調査 TOPICS>

① 既婚者の大掃除実態と役割分担 (PDF P1)
・既婚者の2015年末の大掃除実施率は59.7%、未婚者は52.2%。既婚者の方が大掃除実施率が高い。
・妻は自分の使用頻度の高い場所を、夫は汚れの程度や他の家族のために担当する場所を決める傾向。
② 配偶者間の大掃除の満足度 (PDF P2)
・専業主婦世帯の夫は著しく自己評価が高く、妻は自分の大掃除の評価が低い。
・不満はあっても、やはり配偶者と一緒に大掃除を取り組みたいという本音が明らかに。

調査結果はこちら [PDF:1.2MB]

調査概要

【調査目的】
2015年末の大掃除についての意識・実態把握
【調査対象】
20歳以上の男女
【調査地域】
全国(エリア区分:北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)
【調査方法】
インターネットリサーチ
【調査時期】
2016年1月29日(金)〜1月31日(日)
【サンプル数】
4,160サンプル〔うち既婚者2,617人〕
※全データに対してn数30未満のものは参考値として記載。

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。