社長メッセージ

株主・投資家の皆様には、日頃より格別なお引き立てを賜り御礼申し上げます。地震、台風等、相次ぐ自然災害で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興をお祈り申し上げます。

1963年に創業した当社は、当期創業55周年を迎えます。株主の皆様をはじめ、当社を応援してくださる皆様のご支援の賜物と、重ねて御礼申し上げます。

当社は、長期戦略「ONE DUSKIN」の第2フェーズである「中期経営方針2018」を当期より進め、訪販グループでは、各事業間連携を一層強め、「生活調律業」への進化を目指した各種取り組みを開始しております。また、高齢化が進み共働き世帯の増加等に伴い、今後も市場の拡大が見込まれるケアサービス事業(役務提供サービス)、ヘルスレント事業(介護用品や福祉用具のレンタル)への注力を掲げ、加盟店の出店を促進しております。その一環として、9月には当社フランチャイズチェーンの加盟店である株式会社ナックと資本業務提携契約を締結いたしました。

フードグループの中心であるミスタードーナツにおいては、好評の「ミスドゴハン」「misdo meets」を軸にした商品戦略及び新しいタイプの店舗の出店・改装を進めてブランドの再構築に取り組んでいます。店舗数は減少傾向にあり、まだ本格的な成果が出たとは言えない状況ではありますが、稼働店1店当たりの売上は回復傾向にあり、施策実行を促進していきたいと思います。

導入されて3年が経過したコーポレートガバナンス・コードが6月に改訂され、今まで以上に緊張感を持った企業経営が求められております。当社では、当期4月から執行役員制度を導入し、業務執行のスピードアップと取締役会の意思決定・監督機能の強化に着手しており、更に迅速で果断な経営を実践し、役職員一同が一丸となって目標の達成に邁進してまいる所存です。
株主・投資家の皆様 今後ともこれまで同様のご支援を賜りますよう切にお願い申し上げます。

2018年11月

山村輝治
株式会社ダスキン 代表取締役 社長執行役員 山村輝治
山村輝治
株式会社ダスキン 代表取締役 社長執行役員 山村輝治