一問一答 オーナーインタビュー

私の最大の使命は、
働きやすい環境をつくること

現状での課題は?
店舗
それはやっぱり「人」でしょうね。もう少し従業員が雇用できれば、さらに店舗数を増やしたいなと思っています。今年の4月に1店舗増やしましたが、店舗数増やせば売上も比例して伸びてきます。そのためにも、もっと従業員が雇用できればいいなと思います。確かに今は、人材確保は非常に難しくなってきていますが、一方できることとしては、今いる方々に満足して働いていただける環境づくりと従業員のモチベーションの維持ですね。良い会社だってわかれば、従業員から紹介していただけますから。これまでもそういう紹介で入社した従業員もいますし、働きやすい環境づくりというのは、社長としての私の重要な仕事だと思います。
競合他社に負けないようにする秘訣があれば?
それも、やっぱり「人」をいかに確保するかでしょうね。お金(売上・利益)はあとからついてきますので、人さえ確保できれば、会社はどんどん成長していくことができると思います。それには、自信があります。
今は、害虫駆除で全国1位を目指せるようにと頑張っております。あともう少しで達成できると思いますが、それにはやはり店舗数を増やして、しっかり人材を確保して、良い人材に育て上げて、売上を伸ばすということが最大の競合対策だと考えています。

時代の変化を、チャンスと捉え!

今後の害虫駆除業界の市場はどうでしょうか?
飲食店とか食品工場などの事業所市場は、今はトータル的な害虫駆除や衛生管理をする方向に進んでいます。一般家庭の家庭市場は、これまではシロアリの駆除をメインでやっていましたが、お客様のニーズがどんどん変わってきまして、今では黒アリや蜘蛛等といった「虫全般」がダメだという方が多くなってきていますので、今はシロアリの駆除が中心でなく、ゴキブリや蚊などの駆除といったトータル的な害虫駆除になってきています。当社としても、当然そちらの方向で現在、販売促進等々をかけていっています。まだまだこれからもこの市場は伸びていくのではないでしょうか。
あと最近では、外国からの輸入量の拡大にともない、外来種の害虫がかなり入ってきておりますので、そこにもビジネスチャンスが出てくるのではないかと思っています。
家庭市場と事業市場の売上比率は?
家庭用と事業所用は、以前は5:5の割合でした。しかし、店舗を名古屋市内に移し3店舗出店していったので、現在では事業所用が7割、家庭用が3割くらいとなっています。ただ、家庭用についてはこれからもまだまだ伸びると思いますので、営業活動をしっかりやっていかなくてはと思っております。

定期売上比率を高めることが安定経営のコツ

このように経営が安定している秘訣はどこにありますか?
ターミニックス事業の「サービス」は、一過性の売上ではなく、定期性が非常に強いのです。つまり、定期契約は、一度契約をいただければ必然的に毎月売上が入ってきます。例えば、売上で今月100万円あれば、来月も必ず100万円あります。再来月も100万あります。年間で1億あったら翌年も1億円の売上があります。こうして、お客様を増やせば増やすほど、階段方式で基礎的な売上が上がってくるのです。このように事業自体に「定期性がある」ということが最大の強みだと思います。本社の指導も、この定期契約のお客様を獲得していく政策が中心です。

一定規模になったら、店舗を分割

今後、起業を志している方々へのメッセージはありますか?
お客様を共有できるということですね。一般家庭の場合、お掃除のお客様に害虫駆除もおすすめできますし、庭木の手入れも提案できます。また逆のパターンもできます。あともうひとつ、弊社の場合、1店舗月当たり売上500万円が歩留まり(利益効率)がいいんですよ。ここの売上のラインが経営者として、一番心地良い状態なのです。
例えば、損益分岐点の売上は約250万円で、そうなるとオーナーとしても約200万円とれます。一方、それ以上の売上500万円を超えてくると、管理者も必要となりますので、一時的に収益性が下がってきます。そのため、店舗を割った方(分割した方が)が効率的には良くなって、割って足りない分の売上は、300万円が500万円に自然となってくるのです。
細胞分裂みたいに、分裂させていくことにより、ある程度売上が止まってきたなと感じたら、近隣のエリアで割っていくことにより、収益性も伸びていきます。今年4月に1店舗を分店して、そこも半年くらい経ちましたが、この割ったことが今年の売上と利益が伸びた最大の要因かなと思っています。そして、多店舗展開ですと、本部もまた投下資金をディスカウント(減額)してくれますしね。
本当は、最初1店舗で10年くらいやっていたのですよ。そのころ1,000万円ぐらい売っていたのですけど、なんか利益が出ないなと。以前の方が自分の給料が多かったような気がするのです。
そこで一生懸命計算してみると、どう考えても500万円くらいがちょうど良いことがわかり、そこから店舗を割りはじめたのです。そのため、ここ10年の間で3店舗出店しました。 そして、トータルグリーン事業(庭木の剪定等の事業)の子会社の方も、これから3年くらいで、十分利益が出ると確信しております。
1 2 3 4
ここで紹介されている加盟店インタビューは、あくまでも本加盟店オーナーの個人的な見解(感想)を中心に、ご紹介させていただいております。
加盟に関する資料請求・お問い合わせ
資料請求はこちら 資料請求はこちら 0120-100-100 受付時間:8時~20時(年中無休)
面談の
お申込み
資料請求は
こちら

面談のお申込み手順

面談のお申込みは、次に表示される「お問い合わせ入力フォーム画面」にて、
下記手順の通り、入力フォームに必要事項を入力いただき送信してください。



面談の
お申込み
資料請求は
こちら