雇用・処遇

基本的な考え方

ダスキンでは、社員がいきいきとやりがいを持って働き、企業として活性化していくため、スキルや意欲の高い人材を積極的に登用するとともに、能力や経験を十分に発揮できる環境づくりを推進しています。

これらを実現するために、行動指針である「ダスキン行動基準」において考え方を定めています。

人権の尊重
私たちは、仕事を通じて、一人ひとりがその個性や能力を伸ばすことができるよう、お互いに配慮します。私たちは、日本国憲法や労働基準法などで定められている働きさんの基本的人権を守るとともに、風通しの良い職場作りに努め、一人ひとりの意見が仕事に十分に反映されるよう努めます。
人権尊重に関する基本方針
公正な評価と処遇
私たちは、働きさんとしての多様な考え方や価値観を認められ、職場においては公正に評価され処遇されます。性別・年齢・国籍・人権・信条・宗教・身体上のハンディキャップなどにより、評価や処遇において差別されることはありません。
職場環境の維持
私たちは、職場での事故を未然に防ぐためのマニュアルを作成し、働きさんが十分に能力を発揮できるように、安全で衛生的な職場環境の維持、向上に努めます。
ハラスメントの排除
私たちは、職場での自分の行動が、性的嫌がらせ(セクシャルハラスメント)や優越的な立場の濫用による職場での嫌がらせ(パワーハラスメント)などにならないよう細心の注意を払います。

働きさん

世間一般の企業でいう社員・従業員のことを祈りの経営ダスキンでは「働きさん」といいます。これは働くことではた(傍)の人をらく(楽)にするという、自分の都合を省みずに他人のために一生懸命働くと、その人に喜ばれ感謝されることでやりがいや生きがいにつながるという思いが込められています。

正社員への登用制度

ダスキンでは、一定の基準を満たした非正規社員を正社員に登用する制度を設けています。2016年度より、正社員区分の中に、転勤を伴う異動のない「エリア専任職コース」を新たに設けることで、正社員への門戸を拡大しました。
従来は正社員「総合職コース」への登用のみで、年間数名程度の登用でしたが、2017年度は「総合職コース」に9名、「エリア専任職コース」に60名を正社員として登用しました。

正社員への登用制度(ダスキン単体)

正社員への登用制度

今後、さらなる人材の活用に向けて、2018年度に、「エリア専任職コース」から「総合職コース」、「エリア総合職コース」へのコース変更が可能となるよう制度を見直し、2019年度から公募を開始する予定です。

社員意識調査

ダスキンでは、働きがいのある、より良い会社を目指して、年1回社員意識調査を実施し、様々な角度から職場の風土や活性度を分析しています。
2017年度の調査では、前年同様「経営理念への共感度」が86.9%と高く、「会社への満足度」が、他社平均と比べ良好であるという結果が引き続き示されました。

調査概要

・調査対象:
執行役員、監査役、正社員、専任・限定(契約)社員、工場勤務者を除く定時(パート)社員、嘱託社員
・無記名式
 
・主な質問:
仕事・上司・職場・会社に対する現状認識や満足度、経営理念・経営ビジョン・戦略の浸透、「祈りの経営」の実践など
・回答者数:
2,034名(2016年度:2,065名)
・回答率:
89.6%(2016年度:約90.3%)

人事基礎データ

  2014年
3月末
2015年
3月末
2016年
3月末
2017年
3月末
2018年
3月末
備考
従業員数(人) 男性 2,291 2,306 2,350 2,325 2,429 正社員、非正規社員の人数
(役員、臨時社員を除く)
女性 1,261 1,181 1,188 1,203 1,344
合計 3,552 3,487 3,538 3,528 3,773
入社人数(人) 新卒 37 24 30 31 160 正社員の入社人数
海外現地採用社員を含む
中途採用 123 118 112 195 169
正社員への登用人数(人) 18 28 36 100 111 非正規社員からの登用人数
退社人数(正社員)(人) 123 115 142 131 158 正社員の定年退職者を除く
労働災害(人) 死亡 0 0 0 0 0  
重度 27 47 42 36 53 4日以上の休業を伴うもの
軽度 194 185 172 134 123 3日までの休業を伴うもの
組合加入状況 人数(人) 2,993 2,989 3,021 3,111 3,082  
率(%) 100 100 100 100 100  
全社研修:
年間研修時間/人(時間)
12.0 6.9 9.4 9.3 9.3 事業部別研修を除く
平均年齢(歳) 男性 44.9 45.6 46.0 46.2 46.7
女性 41.5 42.2 42.3 42.6 42.7
全体 43.9 44.5 44.9 45.1 45.4
勤続年数(年) 男性 17.4 18.0 17.9 18.0 18.1
女性 12.6 13.4 13.4 12.6 12.4
全体 16.0 16.7 16.5 16.3 16.3
従業員満足度調査の評点(点)   3.83 3.78 3.76 3.79 5点満点

表を拡大する。

新規事業における労働環境の確認

新規事業を展開するために、事業買収や子会社化を実施する場合は、法令順守の考えのもと、事前に就業規則を確認し、労働環境を評価したうえで、必要に応じて就業規則を改定しています。

就業規則の現地語対応

香港、台湾、上海など海外展開の現地法人では、現地語の就業規則を作成し、労働基準などに関する各種方針を社員全員に周知徹底しています。

最低賃金の確保

最低賃金改定の際に全社員の賃金を確認し、下回ることがないよう時給改定を行っています。また、労働組合との2カ月に1回の労使協議会においても、社員の生活向上を目的に、賃金の改善について協議しています。