商品情報へのリンクです。
サポートメニューです。
お問い合わせ
サイトマップ
サイト内検索です。

重点テーマの設定

ESGへの取り組みと持続可能な開発目標(SDGs)などで示される社会課題を踏まえて重点テーマを設定しています。また、これらの重点テーマそれぞれに目標(KPI)を設定することで、PDCAサイクルをまわしています。2019年3月期より、長期戦略「ONE DUSKIN」の第2フェーズが開始したことにあわせて、中長期の観点から目標(KPI)を見直しました。

ESGへの取り組み SDGsとの関連 重点テーマ
E
Environment
  • ・環境マネジメント
  • ・循環型社会への貢献
  • ・廃棄物の削減
  • ・省エネ・温暖化対策
  • ・水資源の保全・有効活用
環境
環境
環境保全と企業経営の両立に全力で取り組み、生産から使用後まで、安全で安心、環境保全に配慮した商品・サービスを提供します。
S
Social
  • ・品質保証
  • ・持続可能なサプライチェーン
  • ・研究開発・商品検査
  • ・安全・安心
  • ・お客様とのコミュニケーション
安全・安心・品質
安全・安心・品質
安全で安心な商品・サービス品質の提供を通じて、豊かな暮らし、笑顔あふれる社会の実現を目指し、常にお客様の声を反映した品質管理に取り組んでいます。
  • ・雇用・処遇
  • ・人材育成
  • ・ワーク・ライフバランス
  • ・ダイバーシティ
  • ・健康維持・増進
人材
人材
サービスの基本は「人」です。お客様に「やさしさ」という価値を感じていただくためには、知識と技術に心がともなうことが必要です。この考えのもと、ダスキンでは様々な教育や研修を通じて「人づくり」を進めています。
  • ・地域社会との共生
    (青少年教育への支援、地域の清掃・美化活動)
  • ・超高齢社会の課題解決への貢献
  • ・女性の活躍推進への貢献
地域・社会貢献
地域・社会貢献
企業であると同時に、その地域社会の一員でもあります。お客様の暮らす街や地域でもっとお役に立ちたい。ダスキンは「喜びのタネをまこう」という理念のもと、これからも地域社会に貢献できる企業として、様々な活動に取り組んでいきます。
G
Governance
  • ・コーポレート・ガバナンス
  • ・リスクマネジメント
  • ・コンプライアンス
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・
ガバナンス
経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる経営体制を確立するとともに、健全で透明性の高い経営が実現できるよう、体制や組織、システムを整備していきます。また、すべての企業活動の基本に「コンプライアンス」を据え、企業価値の永続的な向上を目指します。

表を拡大する。

これまでの目標(KPI)の総括(2017年度まで)

  重点テーマ 目標(KPI) 2017年度 評価 取り組み・コメント
E 環境 CO2排出量
2017年度までに2014年度を基準として3%削減します。
前年度比7.3減
2014年度比12.9%減
フード店舗では、空調の設定温度や機器の同時使用を少なくするエネルギーマネジメントコントロールを全店導入。生産事業所では、省エネ設備の導入や設備運転の効率化などの取り組みによりエネルギーロスの削減に努めています。
S 安全・安心・品質 すべての提供商品において、導入直後の重大不具合発生0件を継続します。 導入直後の重大不具合発生0件 新商品導入時は生産の安定まで不具合が起こりやすいことから、監査対象品目の範囲拡大や監査ポイントの拡充等により、管理体制の強化に取り組んでいます。
人材 多様な人材の登用・活躍の推進 女性管理職比率(ダスキン単体)2015年度6.0%を2018年度に8.0%以上にします。 2名増(24名・6.4%) 女性が多い係長クラスの階層別研修にて意識改革を行い、管理職候補を育成するなど能力開発と活躍の場の拡大に取り組んでいます。「第2回大阪サクヤヒメ表彰(企業活動や文化的活動で活躍する女性リーダーを表彰)」にて、メリーメイド開発部部長が活躍賞を受賞しました。
人材育成 社員一人当たりの年間研修時間(ダスキン単体)2014年度12.5時間/人を継続して、育成に対する投資を行います。 12.6時間/人 理念を継承する「祈りの経営勉強会」や「キャリア開発カリキュラム」の拡充、eラーニングコンテンツの充実など、継続した育成投資に取り組んでいます。
地域・社会貢献 クリーンアップマイタウン のべ参加人数
2006年からののべ人数約21万9,000名を2017年度までに30万名以上とします。
全国10ヵ所で開催・延べ28万4,911名の方々が参加 「世界遺産 高野山金剛峯寺」でのクリーンアップマイタウン活動を皮切りに、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟様の協力のもと、全国の実施可能な世界遺産で清掃活動に取り組んでいます。
出前授業 キレイのタネまき教室 のべ参加数
2017年度までに参加児童数のべ16万2,000名、参加校数のべ1,620校を達成します。
実施校延べ1,988校・参加児童数延べ17万6,624名 この活動に取り組む加盟店サポーターが500名を超え、講師としての質・スキルやモチベーション向上のために更新研修を新たに実施し、研修体制の強化に取り組んでいます。これまでの活動をまとめた書籍『学校に「お掃除先生」やってきた!』を出版しました。
G コーポレート
ガバナンス
公正で透明性の高い経営を目指すという考え方に加え、成長戦略の一環として強化を図ります。 取締役会の実効性向上 全取締役・監査役に対してアンケート方式による自己評価を年1回実施。アンケート結果は、第三者機関において集計後、社外役員会議(独立役員に指定している全社外取締役3名、社外監査役3名で構成される会議)において取締役会の取り組みについて多角的視点から分析・評価を実施し、取締役会に対して提言を行っています。取締役会ではこの提言を受けて、取締役会の更なる実効性向上に向けて、2018年度に取り組むべき事項に関する討議を実施しました。

表を拡大する。

新たな目標(KPI)

  重点テーマ 社会課題 KPI 目標
E 環境 省エネ・温暖化対策 CO2排出量 【2030年度まで】
地球温暖化対策計画(環境省)に基づき、2013年度比26%減
【2020年度まで】
2013年度比16%減
廃棄物の削減 食品廃棄物の再生利用等実施率 【2020年度まで】
食品リサイクル法に基づき、再生利用等実施率50%以上
S 安全・安心・品質 安全・安心 すべての提供商品における導入直後の重大不具合発生 【2020年度まで】
導入直後の重大不具合発生0件の継続
持続可能なサプライチェーン PB製造委託先食品工場の定期監査 【2020年度まで】
カルテ管理の効果的運用にて、 定期監査を計画通りに実施(100%実施)
人材 雇用・処遇
(働き方改革)
1人あたり年間総労働時間
(ダスキン単体)
【2020年度まで】
長時間労働是正策(ダスキン版プレミアムフライデー、有休取得促進等)継続
1,850時間以下に抑える
ダイバーシティ 女性管理職比率
(ダスキン単体)
【2020年度まで】
女性活躍推進法「一次行動計画」
2018年度達成を2020年度に修正し、8.0%以上を目指す
人材育成 社員一人当たりの年間研修時間
(ダスキン単体)
【2020年度まで】
(一社)日本フランチャイズチェーン協会主催の講座を教育プログラムに組み込み、キャリア開発やeラーニングを拡充する。
間12.5時間/人の継続
地域・社会貢献 地域社会との共生 クリーンアップマイタウンの年度活動 【2018年度まで】
世界遺産2箇所を計画、その他地域活動を継続して実施
学校教育支援の年度活動 【2018年度まで】
教員向けセミナー20回・450名、
出前授業「キレイのタネまき教室」800校・72,000名
G コーポレート
ガバンス
コーポレート・ガバンス 取締役会の実効性向上 【2018年度まで】
取締役会の意思決定・監督機能を更に強化し、権限委譲による業務執行の判断・行動の迅速化を図ることを目的として、新たに執行役員制度を導入。今後はその実効性向上を目指す

表を拡大する。