商品情報へのリンクです。
サポートメニューです。
お問い合わせ
サイトマップ
サイト内検索です。

ダスキングループのマテリアリティ

ステークホルダーの参画を得ながらマテリアリティを特定し、CSRを推進

ダスキングループのマテリアリティ

ダスキングループは、企業として社会から求められる期待に喜びをもって応え、社会のお役に立ちながら持続的に成長するための“道と経済の合一”を経営の根幹として掲げています。また、この目標を実現するためには、ステークホルダーの皆様のご意見や外部機関によるガイドライン等を参考にしながら、当社グループが取り組むべきCSR課題(マテリアリティ)を多様な視点・側面から特定することが重要だと考えています。
当社グループは、こうして特定したマテリアリティについて、PDCAを推進していくことで、グループ全体の企業価値の向上を目指しています。

特定したマテリアリティ

マテリアリティマップ

マテリアリティの一覧
マテリアリティ GRIガイドライン第4版(G4)との対応
カテゴリー
(サブカテゴリー)
側面
(○:一般標準開示項目、●:特定標準開示項目)
組織統治
信頼される誠実な企業としての組織づくり
○ガバナンス ○倫理と誠実性
社会(社会)●腐敗防止 ●コンプライアンス
商品・サービスの価値向上
ひとにやさしい商品・サービスの追求
社会(社会)●顧客の安全衛生 ●製品およびサービスのラベリング
エンゲージメント
ステークホルダーとのコミュニケーション
○ステークホルダー・エンゲージメント
人材確保・育成
互いに支えあい、挑戦し、成長できる人づくり
社会(労働慣行●雇用 ●研修および教育
安全・安心・快適性に関する基準
安全・安心・快適な商品・サービスの提供
社会(製品責任)●顧客の安全衛生
社会(社会)●コンプライアンス
販売活動
適正な営業活動や正確な情報・サービスの提供
社会(製品責任)●製品およびサービスのラベリング ●マーケティング・コミュニケーション
ダイバーシティ
多様な個性の尊重
社会(労働慣行●多様性と機会均等
制度・商品・サービスに関する情報発信
お客様の立場に立った適正な表示と説明
社会(製品責任)●製品およびサービスのラベリング ●マーケティング・コミュニケーション
労働安全
安全・安心で働きやすい職場づくり
社会(労働慣行●労働安全衛生
商品の故障
お客様のお困りごとへの誠実な対応
社会(製品責任)●製品およびサービスのラベリング ●マーケティング・コミュニケーション ●顧客プライバシー
環境
環境保全へのお役立ち
環境●原材料 ●エネルギー ●水 ●大気への排出 ●排水および廃棄物 ●製品およびサービス ●輸送・移動
経済パフォーマンス
社会の期待にかなう経営基盤づくり
社会(経済)●経済パフォーマンス
社会貢献活動
地域・社会へのお役立ち
社会(社会)●地域コミュニティ
CSR調達
取引先との対等・公正な関係
環境●サプライヤーの環境評価
社会(社会)●サプライヤーの社会への影響評価
顧客の囲い込み
お客様の声を尊重するための仕組みづくり
社会(製品責任)●顧客の安全衛生 ●製品およびサービスのラベリング
経営戦略上の投資
社会のお役に立つための投資
社会(経済)●間接的な経済影響

労働慣行とディーセントワーク

表を拡大する。

主なステークホルダーとの対話の機会

主なステークホルダーとの対話の機会

「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献

2015年、国連持続可能な開発サミットにおいて、17の目標と169のターゲットからなる行動計画「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。
ダスキングループは、これらの目標とバリューチェーン全体のビジネスとの関連性を検証し、事業活動を通じて社会の持続可能な発展に貢献していくことで、2030年までに地球全体で解決すべきSDGsの目標達成にも寄与していきたいと考えています。

世界を変えるための17の目標

世界を変えるための17の目標