喜びのタネまき新聞

読む人の幸せを心に願って作る「喜びのタネまき新聞」 読む人の幸せを心に願って作る「喜びのタネまき新聞」

喜びのタネまき新聞

ダスキンでは"読む人の幸せを心に願って作る"ことをテーマにしたコミュニケーション紙「喜びのタネまき新聞」を発行しています。

1971年7月に創刊され、当時から、サブタイトルである「読む人の幸せを心に願う」気持ちを変えることなく発行してまいりました。
現在発行部数は、全国で約430万部。4週間に1回、ダスキンをご利用のお客様にお客様係から商品と共に直接お手渡ししております。

紙面には、人と人とのふれあいを感じさせる話題などを取り上げた特集企画や、読者から寄せられる心温まるおたよりコーナーなどのを掲載しております。また、この新聞を作ったダスキン創業者・鈴木清一のことばも毎号1話づつ連載しております。
これからも、皆様に喜んでいただける新聞となるよう励んでまいります。

※ここに掲載しております喜びのタネまき新聞は発行当時のものです。掲載されている情報(キャンペーン、応募、お問い合わせ先等)は、すでに変更・終了している場合があります。予めご了承ください。

No.582

No.580 [PDF:3.5MB]

巻頭言
磨き続ける
幸せのじかん
入間の八十八夜新茶まつり〈埼玉県〉
日本はひろいなおいしいな
高知県「全長4キロ、額縁のない美術館」「カツオの角煮の作り方」
えがおで暮せば
第十話 年を重ねて
ほほえみのひろば
「息子たちのお嫁さん」 「お口を開けて」 「仲良し3人組」 「孫のやさしさに救われる」 「たまには高いランチも・・・」 「ごっこ遊び」
燈々無尽
愛のともしび

バックナンバー

ほほえみのひろば