ニュースリリース:2017年

全国20歳以上の男女 計4,160人に聞きました
『第13回 ダスキン 大掃除に関する意識・実態調査』

2017年10月4日

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)は、全国の20歳以上の男女計4,160人を対象に、2016年末の大掃除の実態をインターネット調査しました。この調査は2005年から開始し、今回で13回目を迎えます。

2016年末の大掃除実施率は54.6%で、調査開始以来最も低い実施率となりました。大掃除を実施した人の理由で最も多かったのが「気持ちよく新年を迎えたいから」(38.9%)で、反対に大掃除をしなかった人の理由で最も多かったのが「時間がなかったから」(34.9%)でした。2016年末は仕事納め後の12月29日・30日に駆け込みで行った人が多かったことから、2017年末は早めに実施することが成功の鍵といえます。

苦戦し、汚れが落ちなかった場所の上位に「浴室」を挙げた人は41.5%、「トイレ」は35.3%でした。「浴室」と「トイレ」は日頃から使用頻度が高く、汚れが目につきやすい場所なので、こまめな掃除が大切です。大掃除では汚れの種類にあわせて洗剤を使い分け、しっかりと汚れを落としましょう。

また、寒さや天候を理由にあえて大掃除をしなかった場所は、2017年は寒くなる前の“秋”に掃除をしましょう。

<大掃除に関する調査 TOPICS>

  • ① 2016年末の大掃除の実態 (PDF P1)
  • ② 大掃除で苦戦し、汚れが落ちなかった場所と対策 (PDF P2)
  • ③ あえて大掃除をしなかった場所とその理由 (PDF P3)

調査結果はこちら [PDF:1.2MB]

調査概要

調査目的
2016年末の大掃除についての意識と実態の把握
調査対象
20歳以上の男女
調査地域
全国(エリア区分:北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)
調査方法
インターネットリサーチ
調査時期
2017年1月27日(金)〜1月30日(月)
■サンプル数:
4,160サンプル

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。