ニュースリリース:2016年

ライフケア開発本部の新シニアサービス開発事業が、
「経済産業省 平成28年度健康寿命延伸産業創出推進事業」に採択

2016年11月4日

株式会社ダスキンが運営する、介護保険適用前の高齢者を対象にした生活拠点「わこう暮らしの生き活きサービスプラザ」(埼玉県和光市)の今年度の新たな取組み計画が、経済産業省の「平成28年度 健康寿命延伸産業創出推進事業(地域におけるヘルスケアビジネス創出推進等事業)」に採択されました。

当社は2015年11月に和光市と公民連携協定を締結し、実証事業として2016年1月に高齢者の生活に関する情報提供や面談、そしてニーズに応じた自助の商品・サービスの紹介および提供を行う「わこう暮らしの生き活きサービスプラザ(以下プラザ)」を開設いたしました。

プラザでは高齢者に気軽に足を運んでいただくために、運動機能、認知機能に作用が期待される定期的なイベント参加を通じて、高齢者同士またスタッフとの新たな交友関係を醸成し、相談そしてサービスの提案・提供を円滑化しています。そのプラザの認知と利用促進活動は、和光市及び関係事業者・団体に大きな役割を担っていただいています。

今年度はプラザの集いの場に、訪問サービスメニューを加え、個別の生活環境に応じた情報や商品・サービスの提案と提供、またブランチ拠点として、プラザ拠点よりも遠隔地の方々へも高齢者の生活に役立つ情報・商品・サービスの提案と提供を促進します。それらの活動を通じて得られる高齢者の生活ニーズ分析は専門機関との連携による新たな商品・サービスの発掘と開発を計画しました。

これらの活動計画と自治体との強固な連携は、経済産業省の求める、地域に根ざしたヘルスケア産業の創出事業に適うと評価をいただきました。
当社では、これからも高齢者の生活を支えるサービスの充実と、高齢者が暮らしやすい地域づくりに貢献してまいります。

【わこう暮らしの生き活きサービスプラザ 概要】

◆開設日:
2016年1月12日
◆開設の目的
当社をはじめとする民間事業者と和光市が協力して高齢者向け民間サービスの拡大を図り、高齢者の生活を支えるサービスの充実と高齢者の暮らしやすい地域づくりを実現する
◆サービスの概要
  • (1)面談等による高齢者ニーズの引き出し
  • (2)暮らしに役立つ商品・サービスの紹介、提案、販売
  • (3)和光市内の事業者も参画した地域全体の活性化
  • (4)高齢者の社会参加、雇用の機会の創出
  • (5)要介護者等における保険外の商品・サービス利用に関する自治体への助言
  • イメージ
  • イメージ

【わこう暮らしの生き活きプロジェクト 事業スキーム】

事業スキーム図

ここに掲載の情報(製品の価格・仕様、サービスの内容、組織、連絡先、URLなど)は、発表日現在の情報ですので現在の内容と異なる場合があります。また予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。