トップメッセージ

「喜びのタネまき」の実践を続け業績を成長軌道へ

株式会社ダスキン 代表取締役社長 山村 輝治

CSR活動の考え方と重点テーマ

お客様に、社会に一層喜ばれる会社を目指す

長期戦略「ONE DUSKIN」の実現に向け、当社は2015年度にCSR活動の重点テーマを「安全・安心・品質」「人材」「環境」「地域・社会貢献」の4つに定め、グループ一丸となった取り組みを進めています。

「安全・安心・品質」については、すべての提供商品において導入直後の重大不具合の発生件数ゼロを継続するため、徹底した管理体制の構築・実践に取り組んでいます。「人材」については、女性管理職比率の向上に努めるとともに、人材育成にかかる一人当たりの研修時間の拡大を図り、社員がいきいきと働くことができる職場づくりを推進しています。「環境」に関しては、温室効果ガスの排出削減とともに各部門での3R(リサイクル・リユース・リデュース)に努め、環境経営を推進しています。また「地域・社会貢献」については、地域での清掃活動や学校教育支援活動、そして障がいのある方の自立と社会参加を支援する「公益財団法人 ダスキン愛の輪基金」など、地域社会に貢献する企業として、様々な活動に取り組んでいます。

昨今、CSR(企業の社会的責任)の重要性が増していますが、企業は本来、持続的に成長することで、社会へ寄与していく存在です。今後も安全・安心で優れた商品・サービスの提供を通じて、豊かな暮らし、笑顔あふれる地域社会の持続的な発展に貢献していきます。

当社の経営理念である「祈りの経営」には、「損と得とあらば損の道をゆく」という言葉があります。この言葉には単に利益を追求するのではなく、まずは、目の前にいるお客様に喜んでいただくこと、そして社会のお役に立つことを第一義とする、という意味が込められています。この理念を加盟店を含むグループ全体で共有することで、私たちは他にはない“オンリーワン”の企業グループであり続けたいと思います。

株式会社ダスキン 代表取締役社長 山村 輝治

2017年8月 株式会社ダスキン 代表取締役社長 山村 輝治