商品情報へのリンクです。
サポートメニューです。
お問い合わせ
サイトマップ
サイト内検索です。

早わかりダスキン

ダスキンと聞いて、みなさんはどんなイメージを持ちますか?
モップやマットのレンタル、お掃除サービス…、ダスキンについて少し研究されている方はミスタードーナツをイメージされるかもしれませんね。
ここでは、ダスキンの成り立ちから様々な事業の展開を早わかりで理解いただけるようまとめています。あなたのダスキン像が変るかもしれませんよ。

「喜びのタネまき」〜経営理念と事業について〜

受け継がれる創業者の想い。それが「喜びのタネをまこう」なのです。

1963年(昭和38年)11月16日、ダスキンは誕生しました。
創業者の鈴木清一は、「利益は喜びの取引から生まれるもの」であり、「ダスキンのお仕事に係わる全ての人が幸せになってほしい」という願いをもとに、精力的に活動を続けました。そしてその実現に向けて大きな原動力となったのが、1964年に発売された「ホームダスキン」でした。拭きそうじの負担を大幅に軽減したこの商品は「魔法のぞうきん」と呼ばれ、発売当初から大きな話題となり、日本の家庭に「おそうじ革命」をもたらしました。さらにこの「魔法のぞうきん」を「レンタルサービス」にすることで新しいビジネスモデルとして確立させるとともに、フランチャイズシステムを利用して全国普及に成功したことにより、ここにダスキンの基盤が完成したのでした。

そしてその思いは今に受け継がれ、仕事とは人間成長の場であり、そのためには利益を優先するのではなく、仕事を通じ社会に貢献することでありたい。それが私たちの考える「喜びのタネまき」なのです。

ダスキンの社章:四葉のクローバー

DUSKINの頭文字「D」に幸せの象徴である「四葉のクローバー」をあしらったダスキンの社章。この四つの葉にはそれぞれに大切な意味が込められています。
それは『仕事』・『家庭』・『趣味』・『信仰(感謝と反省の心)』。
創業者である鈴木清一は「本当の幸せを実現するために、この四つのことを大切にしてほしい」・「仕事とは人を喜ばせるために、また自分が成長するためのものである」と考え、それを企業理念の一つとしたのです。

理念を実現するための「フランチャイズビジネス」

フランチャイズビジネスはダスキンの根幹を成す非常に重要な事業なのです。

みなさんはダスキンが「フランチャイズシステム」を日本に導入した先駆者だったことをご存じですか?

ダスキンのフランチャイズの仕組み

創業当時、画期的なサービスとして注目された「ダストコントロール事業」。創業者の鈴木清一は、この事業を、ダスキンの理念である「喜びのタネまき」に賛同していただける多くの方々に、ビジネスチャンスとして利用してほしいという思いから「フランチャイズシステム」を導入したのです。本部と加盟店が信頼関係の絆で固く結ばれ、「喜びのタネをまこう」という理念を共有し、運命共同体として、ともに成長していく。これこそがダスキンの目指した「フランチャイズ」なのです。その後もフランチャイズビジネスの可能性を追求し続け、今では、その事業領域も、環境衛生からフードサービスまで多岐にわたり、様々な業種・業態でフランチャイズビジネスを展開するようになりました。

ダスキングループの構成

現在、ダスキンには6,800店を超える加盟店組織があり、これがダスキングループの約95%を占めています。ダスキンでは「フランチャイズシステム」を単なるビジネスシステムとして捉えるのではなく、物質的にも精神的にもお互いが豊かになり、助け合いの心を持って、成長を続けていくためのものであり、「フランチャイズは人生の道=ビジネスの成功を収めるだけではなく、人生の成功も、もたらすシステム」と考え、加盟店組織と「ビジネス」を超えた絆で結ばれていることが、ダスキンのフランチャイズ事業の特色であり、大きな強みとなっています。

ダスキン・ビジネスフィールド 可能性は無限大に!

幅広い事業領域でフランチャイズビジネスを展開しています。

ダスキンは1963年、水を使わずにホコリをとるという、画期的なダストコントロール商品を日本に紹介し、当時日本にはなかったフランチャイズシステムにより、全国に広がる販売ネットワーク網を確立しました。「ダストコントロール商品」、「レンタルシステム」、「フランチャイズ」という日本で初めての3つのシステムを確立したダスキンは、その後の事業展開でも、常にフランチャイズビジネスの可能性を追求し、事業領域を拡大。ミスタードーナツをはじめとするフードサービス分野、プロの技術サービスによるケアサービス分野と事業領域を広げています。
ダスキンは半世紀以上に亘って培ってきたフランチャイズビジネスのノウハウにより、全国のお客様に高品質な商品とサービスを提供し続けてきました。そしてこれからも、優れた商品、市場価値の高いサービス、またそれらを提供するためのノウハウやブランド力など、高度で洗練されたフランチャイズパッケージを追求していきます。

そして現在、その高度なノウハウは国内のみならず海外にも広がりを見せています。ダストコントロール事業の海外展開(台湾、上海、韓国)をはじめ、ミスタードーナツ事業では上海、台湾、タイ、フィリピン、マレーシア、インドネシアなど、次々とその市場を拡大しているのです。
ダスキンのフランチャイズビジネスの可能性は、まさに無限大。そして、ダスキンの新しい未来を拓くのは、みなさんが持つ無限の可能性です。

こちらのページも合わせてチェック!
エリアマネジャーの仕事
ダスキンが求める人物像